トイレリフォームをする際の取り付けにおける注意点

もしトイレで何らかの不具合が生じている場合、修理だけでなく思い切って新しい便器と交換するのも一考です。この場合、便器の取り付け工事が必要になるのですが注意しなければならないのはその大きさについてです。スペースの面で問題が生じる可能性があるので留意しましょう。

■スペースは限られている

トイレリフォームで注意しなければならないのは、面積には限りのある点です。おそらく大半の住宅でトイレは部屋の中でも狭いスペースの上位に入ってくるでしょう。この限られたスペースの中で、快適に用を足せるようなサイズのものを見つける必要があります。狭いため、数センチ従来の便器よりもサイズが大きくなっても、圧迫感が出てくるなど印象はだいぶ変わります。


■ドアとの関係も考慮に

トイレリフォームで新しい便器を取り付ける際には、扉との関係性も検討すべきです。例えば開き戸の場合、設置はできても少し便器が大きいだけでスムーズに開閉できなくなる可能性もあります。特に内開きの場合には注意が必要です。スリッパを使っているとこれが扉に引っかかってしまって、開け閉めがうまくできなくなることもあり得ます。



■まとめ
トイレは面積に限りがあることを考えて、どの便器を取り付けるか検討しなければなりません。入るかどうかだけでなく、快適に感じられるか、不便さはないかも考えましょう。業者に相談する際に、細かく打ち合わせをする必要があります。水道 評判のいい業者を見つけて、問い合わせしてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ