トイレリフォームで手洗いを設置するメリット

トイレリフォームを行うにあたって、もし現在手洗い場がなければ新しく設置するのも検討してみる価値があります。なぜ手洗いを設置したほうがいいのか、それによってもたらされるメリットについて、以下にまとめてみました。

■すぐに手を洗える

現在トイレに手洗いがなければ、洗面所まで行って手を洗わないといけません。しかしトイレリフォームで手洗い場を設けると、用を足してすぐにその場で手を洗えます。忘れずに手洗いできるので、衛生管理の部分でメリットがあります。また来客のあった場合、用を足したらまた別の洗面所まで案内するのは、手間をとらせることになってしまうため気まずいこともあります。タンク上部に取り付けられている場合、大人であればいいですが子供だと高さの問題で届かない場合も出てきます。設置すると子供でも手洗いできるようになります。

■おしゃれな仕上がりにできる

トイレに手洗い場を設置することで、見た目をおしゃれにもできます。タンクレスとコンビにすることですっきりした空間でおしゃれ度も高まります。近年ではいろいろなデザインのものが出てきています。ガラス製のものを設置すると光の当たり方で見え方を変えられます。焼き物のモデルにすれば、日本文化が漂う空間に仕上げられます。


■まとめ
水道 修理業者にトイレリフォームをお願いする際には、手洗いの設置も検討してみると面白いです。来客があった場合、玄関や応接間とともにトイレは見られる可能性が高い場所です。このため、ちょっと凝ったデザイン性にもこだわった空間にしてみるのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ