トイレリフォームで交換も選択肢の一つ

トイレリフォームを検討する家庭も多いですが、そのきっかけになるのが水のトラブルです。配管などから水漏れが起きているなどの問題が発生したのを機に、というパターンです。多くの人は修理で対処しようとしますが交換してしまうのも一考です。

■トイレの修理は本当に安いか

トイレで何らかのトラブルが発生すると、修理すればいいと考える人は多いです。業者の広告やウェブサイトを見てみると、一見安い価格が表示されています。しかしこれは基本料金だけで、実際には部品代や修理費用、出張費用などが掛かります。そうなると考えている以上にお金がかかってしまうこともあります。長い目で見れば、交換と比較して圧倒的に費用が安く済むわけではないことも考慮する必要があります。



■長期的に見ればトイレリフォームもお得

トイレリフォームで本体を交換すると、中長期的視点に立ってみればむしろコストダウンが期待できる場合もあります。最新モデルになると節水型便器も出ています。10年以上前のものと比較して、新しい機種は70%から75%程度節水できるといわれています。そのため年間で1万円以上水道料金を節約できます。タンクレスのものに交換すれば、トイレのスペースを広くできます。もし今の状態では窮屈に感じているのであれば、リフォームすることでより快適な場所で過ごすことができます。


■まとめ
このようにトイレは修理のほかに、交換も有力な選択肢になります。目安といわれているのが、10年も経過するといろいろな故障や不具合が発生するというものです。この時期に差し掛かって問題が発生したら、交換によるリフォームも視野に入れて検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ