水漏れ修理のためのトイレリフォームをする前に

トイレで水漏れなどのトラブルが起きてしまった場合、水漏れ 修理と一緒にトイレリフォームを行う場合も多いです。水漏れ 修理はプロの業者にお願いするのが賢明です。しかし業者のスタッフが到着するまでに自分でできる応急処置がありますので以下で紹介します。

■電気を止めること

現在ではウォシュレットを自宅で使っている世帯も多いでしょう。もし取り付けているのであれば、コンセントを抜いて電源を止めます。ウォシュレット便座は、もともと水に強い構造をしています。しかし水漏れで大量の水が機械にかかってしまうと故障する恐れがあります。配線に水が侵入して漏電を起こしたり、場合によっては感電したりして危険です。次に止水栓を回して水を止め、これ以上症状を悪化させないように注意しましょう。

■タオルを敷く

水漏れを抑えてウォシュレットの電源を止めたら、水漏れの発生している個所にタオルや雑巾を敷きます。水が周囲に広がらないようにするための対処です。もし床が濡れている状態を長時間放置していると、床下に水の浸透する恐れがあるからです。例えば2階にトイレがある場合、階下に水が流れ落ちることも考えられます。階下の電化製品が濡れて壊れてしまうなどの二次被害が発生することを回避するためにも、被害を最小限に抑えましょう。

■まとめ
本格的なトイレリフォームや修理については、専門の業者にお任せするのがおすすめです。素人が下手にいじると症状が悪化しかねないからです。しかし応急処置でできることはいくつかあるので、焦らずに対処することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ